「木目金」デザインの結婚指輪を福井でお探しの方へ

2021.10.02

杢目金の結婚指輪

「木目金」とは

 「木目金」とは、江戸時代より続く伝統的技法で、金属の色の違いを利用して木目状の模様を生み出す技法です。手作業で行うため、全く同じ模様を創ることはできません。ふたつの異なる素材を重ねて、ねじることで模様をつけていくため、ひとつひとつの模様が少しずつ異なるので、模様の違いを楽しむことができます。

製作事例

【甲丸ストレート形状】

黒と金色の木目金の結婚指輪

黒と金色の模様がかっこいいデザインです。

幅3mmの場合、¥126,000(税込)~

 

【段付きストレート形状】

段付きストレート形状の結婚指輪

リング両サイドが一段下がっているデザインです。

画像のようなリング幅3mmの場合、¥156,000(税込)~

 

【ひねり腕形状】

優しい雰囲気の木目金デザイン結婚指輪

ピンクゴールドとシルバー色の優しい雰囲気のデザインです。

画像左側の指輪のようなリング幅3mmの場合、¥138,000(税込)~

 

よくいただく質問

細かいデザインを指定できますか。

杢目金デザインは、全ての工程を手作業で行っているため柄の大きさなどの指定はできません。

色の組み合わせと指輪のデザインは選ぶことができます。

指輪の幅は何ミリから指定できますか。

指輪の幅は、2.5mm~5.0mmの指定が可能です。

それ以上の幅も対応可能なデザインもございますので、お気軽にお問い合わせください。

石田歳喜
石田歳喜

ジュエリーコーディネーター2級、日本真珠振興会シニアアドバイザー
大学在学中に彫金スクールへ通い、ジュエリーの勉強を始める。
卒業後、東京のジュエリー加工会社で5000本以上の指輪製造を経験。2018年より「ゆびわ工房ジェイ」にて、オーダーメイドジュエリー制作に携わる。